はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

NHKが行っている紅白歌合戦に出場するAKB48メンバー48人を選ぶ投票について

NHK紅白歌合戦に出場するAKB48メンバー48人を選ぶ投票を開催しています。中間発表(12月15日)においては順位は発表されず、48位以内のメンバーが発表されました。

基本的に私はこの企画には興味がありません。簡単に言えば、紅白歌合戦は基本的には観ない番組だからです。加えて、下記のようにメンバーの評価という意味においては意味が乏しく、勘違いが生まれる要因にもなりえます。

と言いながらも、今回の記事を書いているのは、中間発表における各グループ別の内訳を、AKB48選抜総選挙2016におけるトップ48における内訳に比べると興味深いからです。


候補者をよく知らない人による投票は、本来は意味をなしません。AKB48グループのファンの集合体は自虐的にAKB村と呼ばれています。村の規模は肥大したとは言え、高々50万人程度だと思います。

現実社会において、村長や村議会議員をどの国民も投票できることにしたならば、その村において果たされている役割を知らない人が投票者の大多数を占めることになることになります。それを回避するためには、村民に多くの投票数を与えることが有効な手段の一つです。例えば、村に住んでいる期間(過去のことも含む)が10年以上である人には10票、20年以上住んでいる人には20票というものです。

AKB48選抜総選挙においては、AKB48のメンバーをよく知っている熱心なファンに沢山の投票券を与えています。AKB48選抜総選挙は次のシングルのメンバーを選ぶための投票ですから、その度合を測るものは直前シングルの購入数になっています。これを容易に実現するために、直前のシングルに投票券が入っています。また、このことは直前のシングルの売上を増やす効果があります。実に合理的であり、実利にかなった方法です。


AKB48選抜総選挙2016の24位までのメンバーは、紅白歌合戦の中間発表メンバーに全て入っています。このことから、中間発表はそれほど違和感があるものではありません。

でも、24位以上のメンバーは比較的に出演機会などに恵まれているので、より紅白歌合戦に期待していたのは25位以降の24人の方だったように推測します。そのようなことも考えるならば、NHKは酷なことを思いついたと思います。特に、年末なので思います。


グループ別の内訳は、AKB48:18(20)、SKE48:5(8)、NMB48:12(7)、HKT48:11(12)、NGT48:2(1)です。括弧に記したのはAKB48選抜総選挙2016におけるトップ48の人数です。これを見ると、AKB48HKT48においては、2つの内訳はほぼ同じであるのに対して、NMB48は今回の投票が多く、SKE48においてはAKB48選抜総選挙2016の方が多いことが分かります。

NMB48AKB48選抜総選挙2016の内訳より多いことには、NMB48を大阪の代表だと考えて投票した関西圏の人または出身者による貢献が考えられます。高校野球において出身県を応援するのと同じです。

でも、要因はそれだけではないと推測されます。SKE48が拠点する名古屋市周辺の人口は、HKT48が拠点とする福岡市周辺の人口よりも多いからです。

このため、AKB48選抜総選挙においては他のグループに比べると、SKE48ファンが熱心であり、NMB48ファンが熱心でないという解釈もできると思います。

大阪の人には実利にさとく、無駄金を使わない傾向があると言われています。込められているニュアンスは分かりませんが、「しぶちん」という大阪弁があります。

AKB48選抜総選挙において上位に入らないメンバーにも、吉本のツテと影響力によって少なからず仕事が来るのかもしれません。もしそうならば、他のグループに比べれば、AKB48選抜総選挙への意気込みが違っていても不思議ではありません。

吉本の影響力は大きいです。例えば、山本彩が「バイキング」(フジテレビ)でレギュラーを1年続けることができたのは、吉本の影響力が強かった番組だからなのだと思います。彼女はバラエティに向いてはおらず、AKB48村においては仮猫と揶揄されているからです。


SKE48については、以前からライトファンの割合が少ないのではないかと感じていました。その根拠の一つに、移籍組でないSKE48メンバーのtwitterフォロワー数があります。投稿を始めてからの期間が同程度である他グループのメンバーに比べるとフォロワー数が少ないような感触があるのです。

例えば、松井珠理奈SKE48)[開設:2016年3月8日]のフォロワー数は約14万人ですが、宮脇咲良HKT48)[開設:2016年9月1日]は約17万5千人です(追記:SHOWROOMにおける配信時間においては松井珠理奈宮脇咲良の7倍ですが、フォロワーは宮脇咲良の方が多いです)。これとは反対に、AKB48選抜総選挙2016の順位では、松井珠理奈(3位)が宮脇咲良(6位)を上回っています。


SKE48HKT48のあり方の違いは、その設立時期を反映しているといえます。SKE48が設立されたのはAKB48の勢力が拡大途上の時代でした。

このためSKE48は、大きくなっているAKBパイのできるだけ多くを自らのものにするという戦略をとることができました。おそらく、SKE48が対象とするのはAKB村の住人と、SKE48の地元のファンを獲得するだけでも、ほぼ十分だという判断があったのだろうと思います。

これに対して、HKT48が設立されたのは2011年であり、ファーストシングルが発売された2013年には、AKBパイは小さくなり始めていました。そして、福岡のマーケットは名古屋や大阪よりも少ないです。

このため、HKT48はAKB村以外からファンを獲得することを常に念頭に置いて活動してきています。このようなことを考えるとHKT48の方がライトファンが多いというのは自然の成り行きです。

例えば、HKT48のコンサートはファンに誘われてきたAKB村の住人以外も楽しめるように作られています。これは、他のグループのコンサートが基本的にはグループのファンを楽しませることを目的にしていることとを考えると、極めて独自のありかたです。

この他、在京局が制作しているHKT48の番組も、AKB村以外のことを意識しています。「HKT48のおでかけ!」(TBS、2013年1月~)が長寿番組になっていることも、視聴者の中にAKB村以外の人がかなりいるからです。

この番組を観る目的が番組冒頭の指原莉乃後藤輝基のトークであり、HKT48のロケも観るという人もいるようです。そして、それらの人はHKT48メンバーを指原莉乃後藤輝基の親戚の子供のように感じるHKT48のライトファンになりえます。最近では、メンバーはSHOWROOMをしており、その動画はYoutubeに転載されますので、関心を持った人はこれを観ることができます。


以下では、具体例としてHKT48について見ていきます。

HKT48において紅白歌合戦の中間発表メンバーに入った11人は、兒玉遥(9位)、指原莉乃(1位)、田島芽瑠(43位)、田中美久(45位)、朝長美桜(23位)、松岡菜摘(46位)、松岡はな(圏外)、宮脇咲良(6位)、本村碧唯(36位)、森保まどか(50位)、矢吹奈子(28位)でした。括弧内の順位は、AKB48選抜総選挙2016の順位です。圏外である松岡はなと、50位である松岡まどかが入っていることも含めて、順当なメンバーのように私は感じました。

実はこの11人の中の10人は、SHOWROOOMのフォロワーランキング(全53人)のトップ11に入っています(2016年12月16日、19時31分観測)。例外は13位タイに渕上舞と共になっている森保まどかです。

このランキングにはSHOWROOOM配信の面白さよりは、人気が反映されている傾向があります。ランキングの下位には4期生(10人)が多いのですが、これには配信の開始が遅れたことが関係しています。

sr.gutas.net
松岡はなは6位に入っています。ちなみに、1位から5位は、指原莉乃宮脇咲良矢吹奈子田中美久兒玉遥です。

松岡はなは、HKT48の最新シングル「最高かよ」(2016年9月7日発売)でセンターを務めています。また、11組の女子アイドルグループから3人が議員として参加する「指原議長とアイドル国会」(フジテレビ系、12月22日深夜)には、宮脇咲良兒玉遥と共にHKT48を代表として参加します。指原莉乃が卒業したあとは、この3人がHKT48を担うことになる可能性があります。

森保まどかは、HKT48の中では知名度が高いメンバーであり、ピアノが上手いことでも知られています。2016年では50位でしたが、2014年は25位であり、2015年には43位でした。順位を下げている原因はファンの組織の問題とされていますが、詳しくは分かりません。


AKB48選抜総選挙2016において48位以内に入っていながら、紅白歌合戦の中間発表メンバーに入らなかった3人は、渕上舞(40位)、冨吉明日香(42位)、井上由莉耶(48位)です。全て、2期生です。

どこのグループでも同じですが、早く加入したほうが有利です。このことが、紅白歌合戦の中間発表メンバーに入ったメンバーの期別の内訳にも現れています。HKT48への加入が早い順に記すると、1期の5人[兒玉遥松岡菜摘宮脇咲良本村碧唯森保まどか]、指原莉乃(移籍)、2期の2人[田島芽瑠朝長美桜]、3期の2人[矢吹奈子田中美久]に、松岡はな(第2回ドラフト)です。

2期生の中では田島芽瑠朝長美桜は別格の存在です、田島芽瑠HKT48のデビューシングルのセンターを務めており、2ndと3rdは彼女の朝長美桜のダブルセンターであったからです。


ーー以上ーー