はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

騒動関係者が上位を占めた「ニホンモニター 2016タレントネットニュース登場回数ランキング」

ニホンモニター 2016タレントネットニュース登場回数ランキング」が発表されました(トップ10)。
www.n-monitor.co.jp

回数は去年と同じように、「Yahoo!トピックス」および「LINE NEWS」の合計です(対象期間:2016年1月~11月)。
上記記事によると、Yahoo!トピックスは1日平均約100記事であり、LINE NEWSは1日平均約150記事ということです。つまり、LINE NEWSに強いタレントの方が少し強いランキングということになります。

1位から3位は、ベッキー(538回)、川谷絵音(326回)、中居正広(280回)です。

このランキングにおける常連ではない、ベッキー川谷絵音が2トップとなっています。その原因は、2人の不倫騒動です。

中居正広が去年の10位(112回)から3位に順位を上げたのは、SMAP解散騒動のためです。同じ原因において、木村拓哉も去年の8位(121回)から5位(168回)に順位を上げています。


この2人と共に去年と同様にランクインしたのは、松本人志指原莉乃です。

松本人志は去年の7位(123回)から6位(163回)に順位を上げています。これは、彼がレギュラーコメンテイターを務める「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜昼前)における発言が報道されることが増えたためだと推測します。ちなみに、この番組の準レギュラーには指原莉乃がおり、その中では最も出演回数が多いです(ほぼ月1回)。

指原莉乃は去年の2位(147位)から7位(162回)に順位を下げていますが、回数は減っていません。順位が下がったのは、今年の2大騒動(ベッキー&川谷不倫騒動、SMAP解散騒動)の関係者4人が上位を占めたからです。



この2大騒動に関係する4人に加えて、トップ5に入ったのは、りゅうちぇる です。彼は8位になった藤田ニコル共に、LINE NEWSによる寄与が極めて多いことが特徴です。ランクインした10人の中で、Yahoo!トピックスの寄与が一桁なのはこの2人だけです(6回、3回)。

LINE NEWSにおけるこの2人についての話題がどのようなものであったかについては、私は分かりません。LINE NEWSを見ないからです。


今年の特徴は、騒動による影響が大きかったことです。狩野英孝も含めれば、5人が騒動関係者です。

騒動への報道が多かった結果として、トップ10に入る敷居が高くなりました。去年の10位である中居正広は112回でしたが、今年の10位である北川景子は140回です。ちなみに、去年において140回を超えたタレントは、又吉(155回)と指原莉乃(147回)だけでした。

北川景子の相手であるDAIGOは、通常の年ならばランクインしていた可能性があります。今年の上半期でも112回(5位)であったからです。


来年は、騒動の関係者が上位を占めることがない年になって欲しいものだと思います。でも、今年のことにマスコミが味をしめて、さらに増える可能性があると思います。

世の中には観察する行為によって、観察対象における現象に影響をもたらすことがあります。マスコミの場合は報道をしますので、その影響は甚大です。

一旦、ネタとして使えると判断されると、多くのマスコミが参入して、騒動になります。騒動の影響は、多くの場合は報道された人(主に芸能人)にマイナスです。

マスコミにとっては、放送された人にプラスになるかマイナスになるかは、基本的にどうでもよいことなのだろうと思います。それよりも重要なのは、騒動がもたらす影響がより大きいことなのだろうと思います。

ほとんど唯一の例外は、身内が問題を起こした場合です。最近の例では、テレビ朝日のアナウンサーの不倫があります。


私はテレビ朝日のアナウンサーの不倫と同様に、ベッキー&川谷の不倫については興味がほとんどありませんでした。ベッキーが出演していたバラエティ番組は見たことがありませんでしたし、川谷絵音が所属するグループの音楽には興味がないからです。

川谷絵音は5月に離婚したことを発表しました。このことによって、彼とベッキーの人生はリセットされたはずです。

しかしながら、マスコミは一度掴んだネタを簡単に手放そうとはしません。結果として、下半期(7~11月)においても、ベッキーは96回、川谷絵音は77回報道されています。ちなみに、ベッキーは下半期の回数がカウントされなくても余裕の1位でした。


中居正広は下半期においては109回であり、通年のトップ3の中ではトップです。同様にSMAP解散騒動の関係者である木村拓哉も、90回以上です。下半期も回数が多いことは、SMAP解散騒動が継続しているためです。

SMAPの解散はマスコミの報道がもたらしたものです。マスコミの報道がなければ、解散があったとしても、もっと未来のことであり、より円満な解散になった可能性が高いです。マスコミは、余計なことをしてくれたと強く思います。


ーー以上ーー