読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「HKT48の離島へGO!」(フジテレビ)の第2回(壱岐篇の前半)を観ました

HKT48の離島へGO!」(フジテレビ、毎週土曜11:45~11:50)の第2回を観ました。今回と次回は壱岐篇であり、担当のHKT48メンバーは松岡菜摘です。


番組の説明には「ドラマ仕立ての新しい旅番組」と記してありますので、どんな番組かと思っていました。でも、台本の指定の場所において、台本どおりのセリフを話すという、古典的な旅番組のようです。

実際に地元の人と触れ合うような番組でないならば、担当するメンバーは、画として映えることを基準に選ばれる可能性が高いと思います。壱岐篇の担当が松岡菜摘であり、次の対馬篇が森保まどかであることに、なるほどなぁと思いました。


番組は、まず最初に指原莉乃が「離島の魅力を探す旅にいってらっしゃ~い」と発するところから始まりました。そして、タイトルが映された後には、既に壱岐いる松岡菜摘が映されました。彼女はタブレットを持っており、観ているページはRe島チャンネルでした。
retochan.com

ナレ(藤村さおり)による「松岡菜摘が向かったのは、福岡・博多港から高速船で65分の離島・壱岐」という説明がありますが、移動の場面はありませんでした。とはいえ、福岡市から壱岐への最適経路は高速船を使うものですから、これを使ったのだろうと思います。


壱岐は島内に1000を超える神社を持つ“日本一神様が集まる島”として有名であるというナレによる説明がありました。これに沿う形で松岡菜摘は、小島神社に向かいました。この神社には、参拝すると恋愛が叶うという言い伝えがあるようです。
www.ikikankou.com

ところが、鳥居は海の中にあるので、行くことができませんでした。再び来る際(後編)には潮が引いているので、参拝ができるという筋書きなのだろうと思います。

「気を落とすの早い」というナレに励まされた効果があったかどうかは分かりませんが、彼女は、海の中のお地蔵さんを見つけます。これは、「はらほげ地蔵」というそうです。
www.ikikankou.com

集落の通りを歩いていると彼女のお腹が鳴り、立ち止まるとお店らしきものがありました。中に入ると、食事を提供している店でした。ナレによると、築100年の古民家を改装した「ゲストハウスみなとや」ということです。
http://www.minatoya-guesthouse.com/facility/

場面が変わり、真アジの刺身と、ヒラズズキの生ハムが映されます。彼女がこれを食していると、ゲストハウスの女将に話しかけられます(大川香菜さん)。松岡菜摘が、観光でパワースポットを巡っていると話すと、写真に移った小山を紹介されます。ネットで調べると双六古墳のようです。これで、第2回目は終わりです。
www.ikikankou.com


第2回目を観た印象は、案外と良かったと言うものでした。もちろん、時間と費用をかければ、もっと良いものができるかもしれません。でも、2回合わせて5分程度の放送ですから、妥当な内容だったと思います。

暖かくなったことには、観光バスも再開するようですので、泊りがけで行くのもいいかもしれません。
http://iki-kotsu.com/bus/teikan.htm


私が壱岐に旅した頃は、ネットから観光情報が得ることが難しい時代でした。このため、某大手良好会社を通じて、ある温泉旅館に泊まりました。松岡菜摘が昼食をとったゲストハウスは、街なかにあるようなので私にとっては良さそうです。

ネットを見回すと、この番組についての事前の宣伝があまりなされていなかったように見えます。初回を見逃した方には、当ブログにおける該当記事が、参考になるかもしれません。
natuka-shinobu.hatenablog.com


【次の記事】
natuka-shinobu.hatenablog.com


ーー以上ーー