はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

指原莉乃が初回を担当したSHOWROOMにおける「AKB48の明日(みょうにち)よろしく!」(1月19日(木)

AKB48グループのSHOWROOMにおけるレギュラー番組「AKB48の明日よろしく!」が1月19日(木)から始まりました。
www.barks.jp

この企画は、番組のアカウントにおいて、AKB48グループの1人のメンバーが平日にリレー形式で配信するものです。担当メンバーは、番組の最後において次に配信するメンバーを指名します。
www.showroom-live.com

分かりやすく言うならば、「笑っていいとも!」におけるテレフォンショッキングのパクリです。違いは、メンバーを指名するだけでなく、候補者にコンクトことを取ることと、次回に配信可能であることを確認してから依頼をすることが任務に含まれていることです*1。 

記念すべき初回の担当者は、「笑っていいとも!」のレギューラーであった指原莉乃HKT48)でした(配信は45分程度)。番組の読み方は指原莉乃の意向によって、「AKB48のみょうにちよろしく!」になりました(略称:みょうよろ)*2。配信ページには「AKB48の明日(みょうにち)よろしく!」と記してありますが、アカウント名はakb48_asuyoroですのでご注意ください。


初回のお題は運営側の指定により、「指原的AKB48グループリクアワベスト10」でした。彼女が選んだベスト10を以下に示します。

1位 愛とプライド
2位 引っ越しました
3位 君は気まぐれ
4位 月と水鏡 (横山由依のソロ)
5位 Maxとき315号 (NGT48)
6位 君はメロディー (AKB48)
7位 12秒 (HKT48)
8位 僕らのユリイカ (NMB48)
9位 不器用太陽 (SKE48)
10位 空耳ロック (HKT48)

指原莉乃は自分自身でも以前に同様の企画を行っています。ベスト3はそれと同じでした。この3曲以外については、曲の解釈なども加えています。

10曲の中には、国内5グループすべての曲が入っています。このことから、彼女が他のグループのことにも関心を持って観ていることが分かります。


この企画の目的は、AKB48グループにおけるSHOWROOMを活性化することだと思います。

現状でも、SHOWROOMを活用しているメンバーは少なからずいます。特に、研究生やチーム8の割合が多いです。彼女たちにとっては、自分のことを知ってもらわなくては、ものごとは始まらないからだと思います。

しかしながら、ある程度は知られているメンバーになると、その意欲が少なくなる傾向があるようです。もちろん、仕事が十分に入るようになれば、自分の裁量で使える時間は減りますので、仕方がないことだとは思います。

特に主要メンバーは多忙なので、裁量可能な時間は限られてきます。そもそも、それらの仕事が終わってから自宅で配信をせざるを得ないということは酷なことです。

でも、多忙なことは十分に理解できるとはいえ、あまりにも配信が少ないメンバーと感じる主要メンバーが何人かいることも事実です。


代表的な配信が少ないメンバーは、1回しか配信をしていない渡辺麻友山本彩NMB48)です。その配信も、それぞれ、1 時間 08 分と38分だけです。

二人共にSHOWROOMのようなファンとの交流が得意でなさそうなことは分かります。でも、AKB48グループを担うという意識があるのならば、もう少し違ってくるはずだと考える人は少なくないと思います。

以下に、AKB48選抜総選挙2016のトップ7による配信回数を表に示します(データソース*3)。上記の二人に加えて、柏木由紀による配信が少ないことが分かります。


指原莉乃が最終的に次の配信者として指名したのは、横山由依でした。上に記したことが背景知識にあるならば、依頼をする前に、「友達多い?」「まゆゆ渡辺麻友)とゆきりん柏木由紀)と友達?」と確認したことは解釈がしやすいです。

でも、実際に、横山由依が指名したのは向井地美音でした。渡辺麻友柏木由紀のどちらかでもなかったことは、指原莉乃の意図を読もうとしなかった結果かもしれません。そうでなければ、この二人は先輩なので頼みにくかった可能性があります。

もし、総監督である彼女でも頼みにくかったのならば、他のメンバーならばなおさらです。ということは、山本彩を含めた3人には、なかなか順番が回ってこない可能性があります。

いつになるかは分かりませんが、山本彩が指名された際には、彼女が指名するのはNMB48メンバーである可能性が高いと推測します。彼女には他のグループのメンバーとそんなには交流があるようには見えないからです。さらに、結果的に「NMB48の明日よろしく!」とタイトルを変えたほうが良い状況になる可能性もあります。NMB48は他の姉妹グループから心理的に離れているようにも見えるからです。


そのような状況がマズイことは、指原莉乃宮脇咲良を用いた茶番で示しています。具体的には、彼女が横山由依に依頼の電話を掛ける前に宮脇咲良に電話をかけたことです。

指原莉乃は、SHOWROOMの観客に、電話に出た宮脇咲良に次に誰を指名するかを聞いた際に、村重杏奈という答えの場合は話がなかったことにすると宣言してから電話をかけています。そして、宮脇咲良の答えが予想通りだったので、改めて横山由依に電話をかけることになりました。

指原莉乃は自らの意図を、宮脇咲良の次が村重杏奈でも、この企画の後半ならばいいけれど、序盤であると、番組がHKT48の私物化になってしまうと説明しています。もちろん、メッセージの宛先はHKT48以外だと思います。


ちなみに、このやりとりは村重杏奈にとってかわいそうだったという書き込みが、ネットにはありました。でも、バラエティーが分かる大部分の人の見解は逆でした。

その見解は、村重の名前が何度も呼ばれたので、彼女にとっては美味しかったと言うものでした。もしそうならば、横山由依村重杏奈の名前を言及していますので、彼女にはさらに美味しかったはずです。


ーー以上ーー

*1:つまり、「笑っていいとも」におけるゲストだけでなく、テレカクシの後ろで電話をするフジテレビアナ、およびタモリの役割も担うということです。

*2:運営のいい加減さに怒った指原莉乃がそのことを痕跡に残すために変えました。http://paruru.2chblog.jp/archives/1063833623.html

*3:http://sr.gutas.net/timelog?e=6