はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「今夜くらべてみました」(日本テレビ、火曜の浅い深夜)のゴールデンタイム(水21)への4月からの移動に不安を感じる番組愛好家がいるようですが…。

今夜くらべてみました」(日本テレビ、火曜23:59-24:54)の放送時間が、水曜の21時の枠に移動することになりました。

MCは現在と同様に、徳井義実チュートリアル)、後藤輝基フットボールアワー)、SHELLY、指原莉乃(HKT48)の4人です。番組名の正式名も、「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」から変わらないと推測します。

この発表は、昨日(2017年1月31日)の放送の最後において行われました。重大発表があることは、事前に予告動画などによって示されていました。この番組に興味を持っている人の中には、重大発表の内容について予想がついた人もいたようです。


合計で5分をかけた重大発表は、内容がMCには知らされていない状態で行われたようです。ボード上の3枚のシールと、プチーボード上の1枚のシールを、指原莉乃、SHELLY、後藤輝基徳井義実の順に剥がすことによって、判明していくいう次第でした。

ボードの3枚目のシールが剥がされた時点で、まず前フリが分かりました。具体的には、「2012年放送開始今夜比べてみましたが…」(指原)、「今年の3月に…」(SHELLY)、「終了します。」(後藤輝基)でした。

このことを知ると、4人に衝撃が走りました。後藤輝基はお通夜ムードになったと表現しています。

指原莉乃は涙ぐみ、訳を後藤輝基に問われると「私が入ったから終わるかも…って」と口に出しました。これに対して、後藤輝基が「それはないよ」、SHELLYが「そんな訳ないじゃん」と応じたのですが、指原莉乃は「最悪だ…」と続けました。そして、徳井義実が「かなり楽しい番組やったからな」と話すと、後藤輝基が「そうやなぁ」と応じ、徳井義実は「まじか、まじかと」と続けました。

ここで、後藤輝基がプチボードを呼んでくださいというカンペがあることに気づいたようです。「プチボード、カモンヌ」という徳井義実の言葉で呼び出されたプチボードのシールを彼が剥がすと、「4月からゴールデン番組としてスタート!」「水曜よる9時から放送決定!!」という情報が現れました。ここまで4分がかかりました。


この発表の仕方は、「嵐にしやがれ」(土22)の放送枠が土21に移るという発表とは対照的でした。この発表も、1月14日の放送回の最後にの2分間において行われました。でも、妙な演出/前フリはなかったからです。

前持って知らされていた嵐のメンバーはファンに対して伝える言葉は用意していたのだろうと思います。それらの言葉は、番組の愛好者には分かりやすく、受けとめやすいものであったように感じました。このように視聴者に理解してもらうことを重視することは、「今夜くらべてみました」がバラエティーを優先していると大きく違うと思います。


今夜くらべてみました」のバラエティーを優先した重大発表は、前にもありました。私が知っているのは、指原莉乃が産休したSHELLYの代わりにMCとなるという発表でした。誰が新MCになるかを徳井義実後藤輝基に事前に知らせていなかったことは、今回と似ています。

番組はバラエティーとして二人に誰かを予想させました。この際に二人に与えられた情報にはミスリードさせるようなものがありました。すぐに分かってしまうと、バラエティーとしては面白くないと思ったのだろうと思います。この結果、二人が思い浮かべたのは、SHELLYと同様にモデル系のタレントのようです。

このため、新MCとして指原莉乃現れたことには驚いたようです。特に、後藤輝基の場合にはTBSの番組*1においても彼女とMCをしているので、彼女のことは推測の対象から排除していたかもしれません。

この結果、二人の様子から、彼女を歓迎していないと受け取った人もあったようです。また、そのように意図的に受け取って、彼女を受け入れないという姿勢でdisた人もいたようです。このことは彼女と番組にマイナスの影響を与え、今も残っていると思います。


番組においてシッカリと示す必要があったことは、彼女起用は「指原莉乃が今、気になっている女SP」(2015年2月23日)における彼女の評価が高かったためだということです。柴田淳が出演した回であると言えば、この回のことが思い浮かぶ人もいると思います。この回は、この番組の歴代最高視聴率を得たようです。
natalie.mu
mdpr.jp



今夜くらべてみました」の水21への移動は、番組と出演者の関係者にとっては誇らしいことだと思います。これは番組の愛好家にも同様だと思いますが、不安を感じる人もいるようです。深夜の人気番組がゴールデンタイムに移動したものの、期待された視聴率を得られずに、番組の寿命が縮まった事例があるからです。

番組が視聴者に出しているメッセージは、番組の最後に示した「一切内容は変わりません」というものだけです。不安を抱く人に対して、番組に代わって私が説明できることは、以下の3つです。

  1. この番組は少なくても2回、ゴールデンタイムにスペシャル番組(21時開始)として放送されています。今回の決定は、それらの視聴率を踏まえたものだと推測されます。該当する回は去年の6月22日と、今年の1月3日です。思い出しやすいように出演者を記すると、前者は安藤和津松嶋尚美中村アン木村佳乃奥菜恵相田翔子大和悠河豊田順子水卜麻美岩本乃蒼です。そして、後者は、吉高由里子榮倉奈々大島優子中村玉緒萬田久子、ローラ/柏原芳恵小柳ゆき新妻聖子です。
  2. 深い深夜の番組にはゴールデンタイムには許容されないコンテンツを含むものあります。でも、この番組は深夜の番組なので、その種のものはあったとしても比較的に少ないと思います。
  3. この番組はHuluにおける視聴者が多いのでコンテンツとしての評価が高いと思われます。「2016年Hulu年間視聴者数ランキング」[ソース*2]では、総合3位になっています*3


ーー以上ーー

*1:HKT48のおでかけ!」(木曜深夜)

*2:http://blog.hulu.jp/2017/01/11/2016rankings/

*3:バラエティー番組では、総合1位である「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」に続いて2位です。