読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「森のくまさん」騒動が円満決着したとを喜ばしいと思うこと

「森のくまさん」騒動が円満決着したようです。

この件は、芸人であるパーマ大佐(太田プロ)が芸として披露していた「森のくまさん」に基づく歌が、CD発売されたことに関します。騒動は訳詞者とされている馬場祥弘さんがパーマ大佐に抗議文を送ったことから始まりました。

以下のスポニチの記事では、「馬場祥弘氏(72)が芸人のパーマ大佐(23)と販売元のユニバーサルミュージックにCD・DVDの販売中止や慰謝料300万円などを求めていた」としています。
www.sponichi.co.jp

この件は、世間的には替え歌騒動と認識されていますが、実際はそうではありません。「森のくまさん」の訳詞に新たに歌詞を加えただけなので、替えてはいないのです。

付け加えた歌詞は、元の訳詞よりも長く、そのメロディーはパーマ大佐のオリジナルです。この他に重要なことは、訳詞は、英語の歌詞の直訳からはかなり異なるらしいことです。

それにもかかわらず、世の中の多くの人は、この件を嘉門達夫の替え歌と同一視して論じているようです。適切に理解していないのにもかかわらず、論じて存在感を示したいという人がいることは稀ではありません。

実際には、嘉門達夫の替え歌とは全く異なる様相の案件だと私は思っています。嘉門達夫は元の歌詞を替えており、その中には作詞者が不快に感じると想像されるものもあります。彼の替え歌は、あくまでの笑いを取るための芸です。

これに対してパーマ大佐は、元の歌詞をリスペクトしています。そして、元歌詞では言葉の量の制限があるために描けなかったと思われる世界を描く詞を加えています。

付け加えた歌詞において笑いが起きるものもあります。でも、それはあくまでの彼が抱く世界を表したものであると、ほとんどの人が理解できると思います。ある意味で、彼の作品は芸術に近いです。


スポニチによると、この騒動は以下のように解決したようです。

三木氏によると、馬場氏がパーマ大佐側から説明を受けた結果、食い違いは解消し、従来は訳詞者として馬場氏のみを記載していた楽曲クレジットに、新たに「加詞・パーマ大佐」と付け足すことで合意したという。

「森のくまさん」0円解決!パーマ大佐 CDもライブも替え歌OK― スポニチ Sponichi Annex 芸能

和解に伴う金銭による補償については、多くのメディアは明らかにされていないと報道しています。私の知るところでは、スポニチのみが「本紙の取材によると、馬場氏側への金銭の支払いは生じていない。」と、多くの人が知りたいことを報道しています。

スポニチはこの決着について、著作権に詳しい福井健策弁護士の意見を記しています。

今回のケースは「パロディー」と「盗作」の違い。馬場さんの訳詞を翻訳し直したなら問題だが、そうではない。元の歌詞も、どの歌詞を挟み込んだか聴いた人にはだいたい分かる。馬場さんの名声を汚しているかというと一般論として微妙。慰謝料で要求した金額も相場としては法外で、裁判になっても主張が認められることがないと考え“ゼロ円和解”に向かったのでは。

「森のくまさん」0円解決!パーマ大佐 CDもライブも替え歌OK― スポニチ Sponichi Annex 芸能

福井健策弁護士も自信のtwitterにおいて該当することを記しています。
https://twitter.com/fukuikensaku/status/826775548835876865
https://twitter.com/fukuikensaku/status/826775980467433472


もしスポニチ報道による「馬場氏側への金銭の支払いは生じていない。」という報道が正しいとするならば、福井健策弁護士がtwitterに記したように、私も良い落としどころだったと思っています。

馬場祥弘さんについては、今回の騒動をキッカケによって、ネットの住人が調査をして発掘されたことがあるようです。円満解決にしたのは、発掘されたことの中に今更蒸し返されたくないことも含まれているからだと考える人もいるようです。でも、その辺は私の興味がないことです。

私が望むことは、パーマ大佐が騒動に前と同じように、支障なく芸能活動ができることだけです。それから、今回のことによって「加詞」という言葉が広く知られるようになったことは、パーマ大佐にとって望ましいことだったと思います。


ーー以上ーー