はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「大学生402人が選ぶ、2017年のAKB48選抜総選挙で投票したいメンバーTop5」では指原莉乃が渡辺麻友に大きく差をつけたけど、AKB48村の選挙は一般の評価とは違う。

マイナビ学生の窓口による「大学生402人が選ぶ、2017年のAKB48選抜総選挙で投票したいメンバーTop5」という記事がありました*1

結果は以下のとおりです。調査期間は2017年5月から6月であり、調査対象は大学生男女402人(男性205人、女性197人)であったとのことです。

第1位「指原莉乃」128人(31.8%)
第2位「渡辺麻友」50人(12.4%)
第3位「横山由依」21人(5.2%)
第4位「宮脇咲良」15人(3.7%)
第5位「松井珠理奈」11人(2.7%)

大学生402人が選ぶ、2017年のAKB48選抜総選挙で投票したいメンバーTop5 - ライブドアニュース

調査数からトップ5については、ほぼ信頼できる調査だと思います。特にトップについては信頼ができる回答数だと思います。それから、それぞれ選んだ理由が記載されていることは有益です。

1位は指原莉乃であり、1/3(128人、31.8%)の投票を占めました。2位の渡辺麻友(50人、12.4%)にはダブルスコア以上(2.56倍)をつけています。3位以下はほぼ5%以下になっており、3位の横山由依(21人、5.2%)も渡辺麻友にダブルスコア以上を付けられています。

横山由依宮脇咲良松井珠理奈を上回ったことには、人気というよりはAKB48グループの総監督としてマスコミから触れられることがあるのと、それとして頑張っているというイメージがあるのだと思います。選んだ理由にも「総監督として、よく頑張っているから」というものがあります。

宮脇咲良松井珠理奈が上回ったことにはtwitterのフォロワー数などのデータから、そうなんだろうなぁと思いました。例えば、twitterでは後発の宮脇咲良松井珠理奈を上回っています。


指原莉乃渡辺麻友を上回るという結果については、予想通りでした。でも、2.56倍という大きな差がったことには少し驚きました。高い年代では指原莉乃渡辺麻友を大きく引き離していることは把握していたのですが、大学生の年代においてこれほどの差がつくとは思っていませんでした。

でも、選んだ理由を見て理由は分かりました。指原莉乃には新規のファンがかなり増えているのに対して、渡辺麻友はそうではないように見えるからです。簡単に言えば、渡辺麻友が選んだ理由として“かわいい”を3名が上げているからです。

“かわいい”とされていることをブラスでなくマイナスに捉えることを、変な解釈だと思われた方がいらっしゃるかもしれません。でも、“かわいい”が特徴となっているメンバーは、新たな“かわいい”メンバーにとって変わられることがありがちなことです。

AKB48グループに加入するメンバーのビジュアルは段々と増しています。そして、日本人には特に若さを尊ぶ傾向があります。このため、渡辺麻友のファンになる割合は、以前よりも減っていると思います。残念ながら、彼女から若いかわいいメンバーに推し変する人もいると推測します。それに加えて最近では、“かわいい”の選択肢には乃木坂46だけではなく欅坂46も加わりました。

一般論を言えば、最初は“かわいい”ということで着目されたタレントでも、他の理由で支持されるようにならなければ、年を重ねることによって段々と難しくなっているようです。

指原莉乃は「他の理由で支持されるようにならなければ」という例外事項が該当するAKB48グループにおいては稀な存在です。彼女の場合は、“かわいい”が支持理由として占める割合が最初から少なかったです。そして、表に示された理由(おもしろい、人として魅力、頑張っている、裏表がない、親しみ)で支持する人が増えてきました。これらの理由で支持をしている人は、離れにくいです。

これらのことが、指原莉乃渡辺麻友に大きな差がついた理由になっていると思います。



指原莉乃への支持が1/3を占めた今回の結果に、AKB48村(AKB48グループ、特にAKB48ファンの集合体)の住人は違和感を感じたかもしれません。中には大きな力が働いたと主張する人がいたかもしれません。

特に違和感を感じたのは、指原莉乃を選んだ理由に「一番頑張っているから」があったことかもしれません。AKB48村においては、一番頑張っているのは渡辺麻友となっているからです。でも、AKB48村における「頑張っている」とはシキタリを遵守しているということに近いです。そして、村のシキタリは、AKB48村の外部の人、つまり一般にとってはどうでもよいことです。

一般の人の感覚による頑張っているは、芸能界において頑張っていると、AKB48グループにために貢献しているようにことです。指原莉乃はこの両者に該当します。なお、AKB48村では一般に比べてそのように見ない人の割合が多いような感じがします。


さて、「大学生402人が選ぶ、2017年のAKB48選抜総選挙で投票したいメンバーTop5」の結果を見て、AKB48選抜総選挙2017は指原莉乃の連覇が確実だと判断する人がいらっしゃると思いますが、実は違います。

理由は2つあります。1つはAKB48選抜総選挙AKB48村の選挙だからです。そして、もう一つは渡辺麻友の場合は中国において人気があるからです。渡辺麻友の場合、中国票の中心とした外国票が、ほぼ半分を占めていると私は見ています。

中国においては指原莉乃に較べると渡辺麻友の人気が圧倒的です。理由は簡単です、中国は日本に較べると容姿を重視するからです。そして、指原莉乃を支持するとしてあげられた(上の表における)評価は、言語の障壁によって極めて矮小化されます。簡単に言えば、中国における指原莉乃の評価は、彼女が無口である場合の評価と同じだと思います。


ということで中国票のことを考えるならば、マイナビ学生の窓口の調査は、AKB48選抜総選挙2017では、指原莉乃渡辺麻友と勝負になるレベルにあると示している以上のものはないように思います。

さて、日本のマスコミでは中国票は指原莉乃が多いと勘違いして報道しているようです。でも、日本のマスコミの取り違いは稀ではありません。

実際のことは、上で赤字にした段落における思考をすれば直ぐにわかると思います。この程度の思考さえもをせずに記事を書いている人達が少なくないということなのかもしれません。


ーー以上ーー

*1:ライブドアニュースに転載された記事の方を引用します。元記事は2ページに分かれているために、見にくいからです。