はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

AKB48選抜総選挙2017を制したことが指原莉乃のtwitterフォロワー増にもたらした効果についてのデータ

AKB48選抜総選挙2017は、指原莉乃が制覇しました(2017年6月17日開票)。このことにより、彼女は3年連続4度目のトップになりました。


トップになったことはtwitterとインスタグラムのフォロワーの増加をもたらしています。以下はtwitterについてのみ記載します。ちなみに現時点(2017年7月1日15時)でのtwitterフォロワー数は、172万2400人です。

開票が行われた17日の21時から1時間にはフォロワーが4358人増えました。また、21時から翌日の同時刻までの24時間においては35164人増えています。このことから、発表は21時代に行われたと推測されます。


以下に、開票日の1週間前である10日(土)から3週間(6月10~30日)における1日あたりのフォロワー増(0時~24時)を折れ線グラフに示します。発表当日である17日(土)と18日には、それぞれ13130人と28777人増えています。

当日の増加が翌日の増加を下回っているのは、トップとなった影響が、当日の場合には24時までの3時間分しか反映されていないからです。ちなみにこの3時間において9802人増えています。


増加数は段々と通常状態に向かっているようですが、26日(月)までは1日あたり2000人を超えました。平日である27日(火)から30日(金)までは1827~1957人に留まりましたが、月が変わったの最初の土日(7月1~2日)には再び2000以上に増えると思われます。

それから、開催日の前日までの1週間(10~16日)では、前日を除いて1000人をやや下回るフォロワー増(714~868人)でした。もしかしたならば、指原莉乃をライバル視する陣営に属するフォロワーが一時的にフォロワーを辞めたのかもしれません。もしこの解釈が妥当ならば、16日のフォロワー増が2043人と増えたのも、投票が終わってノーサイドになったために、これらの人がフォロワーに戻った影響とも解釈できます。


以下の折れ線グラフは、開票当日の0時から51時間の間における、1時間毎のフォロワー増をプロットしたものです。当日の18時代まではフォロワー増は200人以下になっています。増え始めたのは19時代からであり、20時代には919人増えています。

上記のように21時代には4358人増えました。そして、1000人以上の増加は25時代まで続きました。

翌日の2時代から7時代までは1000未満の増加となりました。増加が減ったとはいえ、ほとんどの人が睡眠中である4時代と5時代でも共に324人増えています。

大部分の人が活動を開始すると思われる8時代には、1498人増えました。そして、1000人以上の増加は22時代まで続きました。


ーー以上ーー