はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

イコラブのデビュー曲「=LOVE」が『学園祭で披露した楽曲ランキング』(めざましテレビ[フジテレビ])において、1位タイであったこと(他はAKB48と乃木坂46の曲)

めざましテレビ」(フジテレビ)で『学園祭で披露した楽曲ランキング』が発表されたようです。ネットで出回っている表(テレビ画面のキャプチャー)に付加情報を加えたものを以下に示します。

調査は以下のtweetによると、「全国38の完コピダンスサークルにアンケートした結果」のようです。
https://twitter.com/equal_love_ch/status/1059970867436777472

J-popだけではなくK-popの曲も含まれていますので、アンケート対象には、J-popを完コピするサークルであるユニドルだけでなく、K-popを完コピするサークルも含まれていると思います。

前者の団体はUNIDOLであることを前から知っていましたが、後者の団体がUNI♡KP(ユニケーピー)であることを今回初めて知りました。トップ5を全てJ-pop曲が占めており、トップ10の内の7つがJ-pop曲であることから、ユニドルの方がかなり多いと推測します。

K-popとの比較をすると煩雑になるので、以下、J-popのみが占めるトップ5について主に注目します。


1位タイの3曲は、「言い訳Maybe」(AKB48)、「ガールズルール」(乃木坂46)、「=LOVE」(=LOVE、以下ではイコラブ)でした。私はイコラブ曲がユニドルに人気があることは把握しており、このようなランキングではかなり上にくると予想していたのですが、1位タイになるとはまでは思っていませんでした。AKB48乃木坂46のようなグループとは知名度が著しく違うからです。

さらに驚いたことは、4位タイの曲が「行くぜっ!怪盗少女」(ももクロ)と「大声ダイヤモンド」(AKB48)であり、2000年代の曲であることです。「言い訳Maybe」も同様であり、それに該当しないガールズルール」も5年前の夏の曲です。

したがって、トップ5では定番曲以外は「=LOVE」だけです。去年の夏の曲である「=LOVE」は1年を経てのこの順位ですから一過性の人気ではないと思います。もしかしたらば、ユニドルにおける新たな定番曲となる可能性があるかもしれません。


トップ10全体として驚いたことは、ハロプロの曲が「ムキダシで向き合って」(モーニング娘。'16)だけであることです。驚いたのは何故かと言うと、ハロプロの曲はユニドルに好まれているというイメージがあるからです。解散したBerryz工房や°C-uteと、それ以降のグループには思っていたよりも差があるのかもしれないと感じました。


さて、このようなランキングにおいて、イコラブがかなり上にくると予想していた理由は、主に4つあります。これを以下で説明します。

1つ目は、イコラブのシングルCDは、国内の女性アイドルグループとしては、秋元康プロデュースグループ8組(48系:6、46系:2)とモーニング娘の次に売れていることです(ビルボードにおける初週売上[2018年]を基準、以下のブログ記事を参照)。なお、秋元康プロデュースグループ8組はいずれも20人以上を擁するグループです*1

natuka-shinobu.hatenablog.com

2つ目は、イコラブはユニドルのメンバーが該当する若い女性に人気があることです。例えば、若い女性に響く曲が、還暦の男性である秋元康がプロデュースする曲か、25歳の女性である指原莉乃がプロデュースする曲のどちらであるかを想像すれば分かりやすいと思います。

以下のブログ記事における散布図は、イコラブ曲が若い女性に人気があることについての傍証になっています。

natuka-shinobu.hatenablog.com

3つ目は、指原莉乃がプロデュースするイコラブ曲の歌割りと振り付けは、程度は違うにせよ全てのメンバーが注目を得るように作られていることです。歌うかどうかは別にして、歌割りがあるところでは注目を得るポジションとなります。このことは、ユニドルのメンバーにとってありがたいことだと思います。

4つ目は、ユニドルにとっては、観客が盛り上がる曲が非常にありがたいことです。何故、イコラブ曲で観客が盛り上げるかというと、実際にHKT48メンバーとしてステージに立っている指原莉乃が、そのことも重要視してプロデュースしている曲だからです。

このことに関して指摘しておくとトップ5曲は、イコラブの初めてのライブであったTIF2017でのセットリスト5曲と「行くぜっ!怪盗少女」以外は共通です(「=LOVE」はデビュー曲なので共通なことは当然です。)。このことは、イコラブにデビュー当初から興味を持っている人の何割かは気づいたと思います。

mdpr.jp

TIF2017のセットリストはもちろん、指原莉乃によるものですので、3曲が一致していることは、彼女がライブで盛り上がると考える曲とユニドルが好む曲には共通性があることを意味していると思います。


ーー以上ーー

*1:有り体に言えば、それだけの握手要員がいるということです