はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

そろそろ始動をはじめそうな≠ME(イコラブの姉妹グループ、指原莉乃プロデュース)[twitterのフォロワーデータも含む]

指原莉乃がプロデュースする=LOVE(愛称:イコラブ)の姉妹グループは、2月24日に報道陣(記者会見)とファン(イコラブの定期公演[銀河劇場])にお披露目になりました。グループ名も≠ME(ノットイコールミー、愛称:ノイミー)と発表されました。

学業の都合で上記お披露目は現れなかった12人目のメンバーのお披露目はまだありませんが、そろそろ始動を始めそうです。

メンバーについての情報を表にまとめます。


現時点で始まっているものは、showroom配信と、twitterです。

twitterは主に2月20日に開設され、見つけたファンによるフォローが始まりました。そして、お披露目の日にtweetが始まりました。

平均フォロワーが1万人に達したのは3月4日です。2月20日から12日後なので、かなり速いと思います。

ちなみに、イコラブメンバーのtwitter開設は2017年8月20日であり、平均フォロワーが1万人に達したのは9月23日でした。この間に、1stシングルが発売されています(9月6日)。


≠MEのtwitterの出だしが順調であったのは、イコラブの成功と知名度に起因すると思います。姉妹グループなので、ある程度以上の期待が持てると見なされているようだからです。

イコラブは、地上波のレギュラー番組はありませんが、4thシングル「Want you! Want you!」(2018年10月17日発売)の売上はオリコンでも10万枚を超えました。さらに、人見記念講堂で開催された1stコンサート(2019年2月16日、昼夜2公演)も盛況であり、好評でした。

最近は、≠MEのフォロワー増は落ち着いてきたようです(少し後に該当するグラフがあります)。平均フォロワーの増加が平日に50人以下となることが稀ではなくなったからです。イコラブファンの姉妹グループという理由だけでフォローする者の多くは既にフォローしたのだろうと推測します。

平均に比べてフォロワーが多いメンバーは、鈴木瞳美と谷崎早耶です。その他のメンバーには大きな差はありません。その中では最も多い菅波美玲のフォロワーは、平均よりもやや少ないです。

鈴木瞳美と谷崎早耶は、知名度があるアイドルグループに所属していました。それぞれの元所属は、“ふわふわ”と2代目少女隊(現在は解散)です。

フォロワーが他のメンバーよりも多い要因には、元グループのファンによる応援があると思います。この他に、多くの人に観られてたことにより、ビジュアル的な仕上りが進んでいることも大きいと思います。

反対に全くの素人であるメンバーは、活動を始めてからの伸びが大きいと予想されます。イコラブの場合には、例えば、野口衣織瀧脇笙古が該当しました。

野口衣織茨城県出身)は、加入以前は服は地元の衣料スーパーで買い、お小遣いのほとんどはアニメに費やしていたようです。瀧脇笙古は化粧をしたのはイコラブに入ってからとのことでした。加入当初は、活動の際には制服衣装だという理由で、オシャレにはあまり興味がなかったようです。


鈴木瞳美は3月2日にはフォロワーが2万人に達しました。でも、その頃からフォロワーの伸びがそれほど顕著ではなくなりました。“ふわふわ”のファンで彼女を応援する人によるフォローがほぼ完了したからだと推測します*1。しかしながら。“ふわふわ”のファンお蔭で彼女が埋没してしまう可能性はほぼなくなりました。この応援を活かせるかどうかは彼女次第です。


≠MEには、元アイドルグループの出身者が上記の2人を含めて5人います。この中にはローカルアイドルグループ出身者が2人います。具体的には、冨田菜々風(Seven Colors、鹿児島県)と落合希来里(とちおとめ25、茨城県)です。

この春に高校を卒業した冨田菜々風は、今まではshowroomを実家から配信していたようですが、≠MEの初仕事(3月14日)には出席したので上京したと推測します。このことから、≠MEでは仕事を具体的に始められる体制がほぼ整ったのだろうと思います。もう一人のお披露目を経て、正式に始動するのだろうと思います。


初仕事とは、BS日テレの新番組『めざせ!プログラミングスター 〜プロスタ★キッズ大集合〜』の記者発表会見への出席です。この番組には、イコラブ、≠MEの他に、会見に出席した新羅慎二(湘南乃風 若旦那)と郡司恭子アナウンサーが出演するようです。ちなみにこの番組は、イコラブにとっても、全国放送のテレビにおける初めてのレギュラーです。

www.oricon.co.jp

この会見にはイコラブからは佐竹のん乃齋藤樹愛羅を除いた10人、≠MEからは7人(落合希来里、蟹沢萌子、河口夏音、鈴木瞳美、菅波美玲、谷崎早耶、冨田菜々風、50音順)が出席しました。

上記のオリコン記事を読むと、報道陣への初お披露目(2月24日)と同様に冨田菜々風がセンター的な扱いだったのだろうと推測されませす。≠MEはイコラブと同様に生歌だと思いますので、ソロパートが多く割り振られるセンターの歌唱力は重要です。showroomをみたところ、彼女はそれにふさわしい資質を有していると思いました。

ちなみに、イコラブのセンターは髙松瞳ですが、歌姫は諸橋沙夏野口衣織です。そして、センターを両脇で支える人気/ビジュアルの2トップは齊藤なぎさ大谷映美里です。


ーー以上ーー

*1:“ふわふわ”は48系や46系を除いたアイドルグループでは人気がある方です。でも、フォロワーに関しては最多である岩崎春果でも約3万6千人です。