はてなDiaryから移行してみました。
記事一覧

人によっては「夏かし」と呼ばれているものです。

「ズルいよ ズルいね」(=LOVE)のMV再生回数への「いしわたり淳治が選ぶ2019年の年間ベスト10」6位(関ジャム)の効果

「ズルいよ ズルいね」(=LOVE)が「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系、1月19日)の「売れっ子プロデューサーが選ぶ2019年の年間ベスト10」という企画における、いしわたり淳治によるランキングにおいて6位となったことは以下の記事で記載しました。
natuka-shinobu.hatenablog.com

この曲は=LOVE(以下、イコラブ)にとって6枚目のシングルの表題曲です。プロデュースと作詞は、今までと同様にプロデューサーである指原莉乃によるものです。

しかしながら、今まで違うことがあります。明るいイコラブのイメージとは違って失恋曲だということです。この曲でセンター務めることになった齊藤なぎさのややハスキーな低めの声が曲調にマッチしています。このことは、彼女が明るい自己肯定的基質であることを知るファンには意外だったようです。

イコラブは女性アイドルとしては女性ファンが多いグループです。これは中高生などの若い年代に顕著です。その需要を満たすために、グッズがカワイイことでも知られているほどです。シナモロール(サンリオのキャラクター)とのコラボグッズが作られているのは、この特性を生かしたものです。ちなみに、バレンタインデーまでは西武池袋店においてコラボ商品の特設売り場が開設されています。(開設期間が過ぎて、忘れなかったらば消す記載)

これに対して、「ズルいよ ズルいね」は今までよりも広い層を引きつけたようです。いしわたり淳治(男性、42歳)を含む3人のプロデューサーのそれぞれによる年間ベスト10曲(計30曲弱)中に、アイドル曲として1曲だけ入っているのも、より上の年代にも響いたことの反映だと思います。


この曲が好評なのは、MVの再生回数からも見て取ることができます。右のグラフは、今までの表題曲についての一昨年9月末からの推移です。

5thシングル「探せ ダイヤモンドリリー」については、ドラマ仕立てである通常版のMVの他に、ダンス&リップverが29日後に公開されています。公開から2ヶ月半後には通常版の再生回数を上回りましたので、この公開は大正解であったと思います。残念ながら現在のイコラブはテレビ出演には恵まれていないために、プロモーションにはMVが重要な役目を果たしているからです。


「ズルいよ ズルいね」のMVは、再生回数において、「探せ ダイヤモンドリリー」の両MVと3rdシングル「手遅れcaution」のMVを既に優ってています。そして、1stシングル「=LOVE」(2017年9月6日)のMVの半年前の再生回数を上回っています。

2ndシングル「僕らの制服クリスマス」と4thシングル「Want you!Want you!」とは再生回数において100万回強の差が現時点であります。しかしながら、両者の内で勢いがある後者と、公開4ヶ月後までの再生回数において比べると上回っています。具体的には「Want you!Want you!」が約146万回であるのに対して、「ズルいよ ズルいね」は166万回(2020年2月3日)です。

ちなみに「Want you!Want you!」はMV再生回数において今の勢いが続くならば、3月中には「僕らの制服クリスマス」を優りそうです。「僕らの制服クリスマス」への去年の11~12月におけるクリスマス効果は年を越してからは存在しないからです。


さて、「ズルいよ ズルいね」への「関ジャム 完全燃SHOW」効果ですが、上のグラフでは、存在すると認識して見ると分かる程度です。そこで、容易にお分かりいただけるように再生回数/日のグラフ(去年11月以降)を示します。

なお、観測時間の関係で、ある日の再生回数増は、その日の13時過ぎから翌日の13日過ぎまでの増加であることにご留意こださい。この曲が6位であると発表されたのが1月19日の23時29分過ぎでしたので、この日の深夜における増加を取り込めるようになりました。

放送前日には3941回であった再生回数/日は、当日には8235回に増えています。そして、翌日(21日)には更に少し増えて8735回となっています。これは、日曜の遅い時間(23:10~)の番組なので、月曜日の帰宅後の録画視聴が多いためだと推測されます。特に、関西広域圏ではさらに遅い25:55開始なので、その傾向が強いと思います。

少し長いスパンで見ることにします。MV再生回数/日は去年のうちは減る傾向があったのですが、今年に入ると下げ止まり、前日までは約4000回/日でした。それが1月22日から29日までは1日に6000回代の再生になりました。その後もそれほどの減少はありません。したがって、ある程度以上の継続的効果をもたらしていると見なすことができると思います。


このブログ記事では関ジャニ∞冠番組に関することを書いてきたので、同じくジャニーズである嵐の冠番組「VS嵐」に関することも、ほんのほんの少しだけ記載します。

「ズルいよ ズルいね」は、指原莉乃が「VS嵐」(フジテレビ)に太田プロ軍団の一員として登場した際(1月23日)に、画面での静止画紹介付きで少しだけ流れました。具体的には彼女と嵐とのやりとりの場面です(19時17分48秒ごろ)。短い紹介であるのにもかかわらず、この番組をキッカケにMVを観てくれた人もいらっしゃったようです。


ーー以上ーー